« 島田紳助引退の背景:正しい情報提供を | トップページ

2011年9月12日 (月)

福島第一原発の津波想定が甘かった経緯は明らかにできる

本日、地震予知連絡会会長の嶋崎邦彦氏のお話をうかがうことができた。津波の規模の予知について疑問が解消した。

文部科学省所管の地震調査委員会の長期予測部会は、津波堆積物が、相馬でも発見されたことなどにより、日本海溝沿いのどこでも明治三陸津波級の10メートルを越える津波が発生する地震が起きると予測。2002731日に公表した。

しかし、直前に横槍が入り、「・・・評価結果である地震発生確率や予想される次の地震の規模の数値には誤差を含んでおり、防災対策の検討など評価結果の利用にあたってはこの点に十分留意する必要がある」との文が挿入される(嶋崎氏は反対した)。

後からわかったところによると、原子力土木委員会津波評価部会(土木学会)が、20022月に、1611年、1677年、1896年の三津波から、過去に実際に起きた最大値を想定値とすることを提唱。(別の場所、福島沖等には起きないという考え方)

2003年の中央防災会議の日本海溝・千島海溝周辺海溝地震専門調査会(内閣府、会長は首相)は、地震調査委員会の、今後の地震予測(これまで割れた断層の延長が割れる)を否定、過去の最大値で十分と主張する原子力側の意見を採用。その結果、福島原発立地の最大津波は5.6Mとなった。

824日・25日の新聞テレビの報道によれば、東電副社長は、08年には、長期予測に基づき、福島第一では、高さ10.2Mの津波がありうることを知っていたという。誰に責任があるのか調査すればはっきりすると考える。政府にはその追求を、マスコミには、詳しくて、わかりやすい報道をお願いしたい。

« 島田紳助引退の背景:正しい情報提供を | トップページ

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ