« 名古屋国税局管内18税務署が外国人の個人情報収集した件(社会の匿名性について) | トップページ | 島田紳助引退の背景:正しい情報提供を »

2011年8月 1日 (月)

低年齢児童に対する性犯罪と児童ポルノ犯罪被害者数の不思議な増減

 児童ポルノ事件の摘発件数と被害児童数のグラフが朝日新聞2011年7月19日の記事に掲載された。一見すると、恐るべき右肩上がりの増加ぶりだ。児童の定義は18歳未満なので、小学生以下の被害児童数が増えていることを強調している。

 この記事を読めば、またまた治安悪化、子ども達が危険に曝されているとの印象を受けるのが普通であろう。ところが、実態は、全く違う。最近の低年齢児童が性犯罪被害にどのくらい遭遇しているか、同じ警察庁の統計で見てみよう。

 幼児は強姦できないので、低年齢児童に対する酷い性犯罪は、強制わいせつとしてカウントされる。その年齢別被害者数を犯罪統計書から抜き出してグラフ化すると、驚くほどの減少傾向にある。

Photo Photo_4

 私は、2005年から児童ポルノ事件摘発に人員を振り分けたために認知件数が増加したと解釈している。性犯罪自体は沈静化の一途である。成人も含めた強姦の減少傾向は凄いペースであるし、強制わいせつ全体も減っている。

 リアル世界では、エロ本屋が繁華街でさえことごとく消滅し、エロ本出版社も数年前にほとんど倒産した。ネット内だけを見ると増加傾向に見えるとしても、リアル世界とあわせてみれば衰退傾向は間違いないと思う。仕方なしにコンビニの成人コーナーができたことで、エロ本が身近にまで蔓延ってきたと感じる女性が多くいると推察するが、棲家の山を追われた熊が里に出没しているのに似た状況である。実は、エロ本もアダルトDVDも「絶滅の危機」にある。

« 名古屋国税局管内18税務署が外国人の個人情報収集した件(社会の匿名性について) | トップページ | 島田紳助引退の背景:正しい情報提供を »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ