« 福島第一原発最悪シナリオの場合の退避の仕方 東京を捨てる選択肢はない | トップページ | 都知事選 石原慎太郎の存在価値とその喪失 »

2011年3月30日 (水)

電力会社の正体 マスコミは二重スパイ

 東京電力が、今、日本一の悪者にされている。批判の中には、真っ当なものから、出鱈目に近いものまであることは当然として、私が指摘したいことは、このままなら東京電力は、びくともしないということである。

 なにしろ第二次大戦の責任者が平気で居座った国である。このままだと、それと同じになる。しかし、居座りには理由があるはずである。経団連会長が、がむしゃらに東電を支えようとするのはなぜか。これを理解せずして、東電を倒すべきだとしても倒せない。

 そもそも電力会社とは何者か。私にはひとつの大きな仮説がある。首相も、官僚もコロコロ代わる欠点を補い、日本の長期的な国家戦略を担う者達がどこかにいなければ、日本は、これほど繁栄していない。その中心グループの一翼を担うのが電力会社だというものである。

 電力会社が、地域ブロックごとの財界の中心であり、全国財界の中心でもあることは、周知されている。それ以上に日本の中心だということである。

 戦争に敗れて、どうすべきか当時の人々は考えたであろう。その答えは、エネルギー安全保障であったろう。対応策は二つ、石油の確保と、石油以外のエネルギーの確保である。石油の確保は、田中清玄が有名であるが、代替エネルギーは誰が担当したのか。

 ここからは、私の知識に限界がくる。戦後の日本のあり方に大きな貢献をした白州次郎が、通産省の生みの親であり、東北電力会長であったことは、興味深い。白州が作ったのは水力発電所であったが、国家戦略としては、その延長線上に原発があるはずである。

 東北電力と通産省ラインが、安全保障の視点から、日本の長期戦略を練ってきたのではという可能性を感じる。根拠は、これ http://act-f.or.jp/Jigyou%20Shokai/jigyoushokai.htm 国際セミナーの報告書は首相の挨拶からはじまっている。

 原発を中国やインドに多数建設させるのかどうか、アメリカも交えて世界秩序について話し合う、あるいは、日本がベトナムはじめ第三世界にも原発を建設しに行くことをアメリカに許可してもらう必要もあったであろう。

 原発は、核兵器製造に欠かせない施設であり、安全保障面からこそ重要である。世界は、核兵器を持つ一等国、原発を持つ二等国、どちらもない三等国に分けられているというシニカルな視点も、その存在は知っておくべきである。

 アメリカが、世界中に原発を建設する方向で人類の行方を決めかけていたと私は推察しているのだが、その矢先、福島第一原発の事故が起きたことは、なんたるタイミングであろうか。卑小な天罰論を唾棄する私も、運命とか言いたくなるぐらいである。

 私が言いたいことが見えなくなったかもしれない。私の主張は、日本を誰がどう動かしてきたのか国民に知らせないで、「何も知らないで安心してもらう」構図を、もうやめるべきだということである。

 そして、マスコミは、国民に知らせないで安心させる役割をもうやめろということである。マスコミは、国民にとって二重スパイだった。情報提供者のフリをして隠す側の手先だったのだから。

 電力会社や原発をどうすべきかは、情報が明かされてからでないと論じようもない。話しにならないとはこのことである。

 国民の怒りは、既に倒されている自民党政府にではなく、引継ぎがなくて何もできるはずもない菅政権でもなく、知っていたのに隠し続けたマスコミに向かうと予想する。原発のリスクよりも、ノリピー、海老蔵、殺人事件などばかり報道していた責任が問われるべきである。

 日本の危機は若者の劣化だと言っている石原慎太郎も、本当の課題であった原発問題を放置した責任者のひとりである。近いうちに詳細に論じたい。

« 福島第一原発最悪シナリオの場合の退避の仕方 東京を捨てる選択肢はない | トップページ | 都知事選 石原慎太郎の存在価値とその喪失 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ