« 東京都青少年健全育成条例(5)報道検証と基本からの説明 | トップページ | 報道と真実の大きな差を考える━裁判員制度初の死刑事件 »

2010年12月19日 (日)

東京都青少年健全育成条例(6)都民主党はなぜ賛成したか

石原慎太郎都知事の狙いが、マンガたたきではないことは間違いない。本人のスキャンダラスな作品を見ての想像ではない。政治的に、何が起きたのか、ひとつの推論が成り立つ。

石原の狙いは、再選。状況は、3月都知事選と区議会選挙、都議会は任期が残り二年で、現在自公は過半数を取れていない。何か理由をつけて解散させれば民主党の議席減は確実である。再選のためには得意のポピュリズム分野での一発逆転が必要である。マンガ規制に民主党が反対すれば、それを理由に議会解散すればよい。この条例のことを理解すればほとんどの人が反対であろうが、残念ながらマンガのポルノ規制と誤解されている。条例通過後の報道を見ても、マスコミ自体が十分理解してない。選挙に突入して、詳細な報道がやりにくくなれば、勘違いしたままの人々は石原支持までいかずとも、自公支持、民主はなにをしているとなるであろう。都議会で、民主党は過半数を切り、自公は過半数を取り戻せば、その恩返しとしての再選の可能性が開けてくる。

このように状況理解すれば、民主首脳が避けるべきは、都民に誤解されたままのこの条例をきっかけに解散されることである。そもそも、民主党への追い風がやんでいるだけでも都議員選挙で民主党が多数通ることはむずかしいのだ。なぜ、私が、このような推論にいきついたか根拠を挙げよう。石原は、漫画家を卑しい職業とまで言って挑発、また、都が再提出した条例案は、少しも譲歩していないどころか、6月に否決されたものよりひどいものであった。それに警察側からみれば、私が、対比のために出した案で十二分である。民主党に否決させたかったとしか理解できない動きであった。付帯決議は、さすがに解散の理由には無理なレベルでカッコがつけられる内容となっている。

出版物のことを十分に理解していない都議員は少なくないかもしれないが、都知事選が迫っていることがわかっていない者はいない。猪瀬副知事の発言も、都知事になれるかもしれないと目がくらんでいるとすれば、なるほどである。

菅首相のエールは、せめて中央の民主党は、出版物の規制に積極的でないことを言っておこうということであったろう。

反対派で尽力した都議員も、自分達が解散されて落選するから賛成したという理由は支援者に伝えられない。

いずれにせよ、全ては、都知事選次第である。

« 東京都青少年健全育成条例(5)報道検証と基本からの説明 | トップページ | 報道と真実の大きな差を考える━裁判員制度初の死刑事件 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都青少年健全育成条例(6)都民主党はなぜ賛成したか:

» 児童にも性描写は必要です。エロ全てがダメ... [いやんばかんのブログ]
リンク、転載、ツイッターでの拡散は個人の判断でどうぞ。今回規制されないエロ描写がある。以前都に下の方の意見送ったのですが、見事にそれらの性表現は規制されなさそうです... [続きを読む]

« 東京都青少年健全育成条例(5)報道検証と基本からの説明 | トップページ | 報道と真実の大きな差を考える━裁判員制度初の死刑事件 »

無料ブログはココログ