« 裁判員制度初の死刑判決について(1) | トップページ | 東京都青少年健全育成条例改正案の問題点と対案(1) »

2010年11月16日 (火)

裁判員制度初の死刑判決について(2)

横浜地裁の朝山裁判長は「あなたは法廷ではいかなる刑にも服すると述べているが、重大な結論ですから、裁判所としては控訴することを勧めます」と最後につけ加えた。これは、おそらく裁判長の個人プレーではなく評議のなかで合意されての発言と考える。

これについては、単純に、この評決が死刑を決める最終決定としてほしくないという、やや逃げ腰の姿勢と見ることもできる。控訴審で確定すれば、市民としては多少とも重荷から逃れられるというわけである。

しかし、私は、あたっているかどうかはさておき、もっと深読みしたい。事実認定で、動機について、覚醒剤の利権を得るために殺したとか、ボスの命令というより自分が提案したとか、被告本人の証言は、自分を悪者にする方向で徹底していた。家族の情状関係の証言も、自分が望んで証拠から排除してもらっている。近藤が逮捕されたり、事実関係が違うことになれば、控訴審で無期刑の可能性が全くないわけではない。

複雑な話だが、ひとつの伝統として、第一審で死刑、控訴審でも死刑、そして最後に最高裁で無期刑という場合があった。一審の後の被告の行状の変化などを観察して控訴審で刑罰が軽くなることは、有期刑でも珍しくないことである。裁判員裁判でも民事賠償がされたことで軽くなった例がある。そもそも、反省を促し、賠償をさせるなどして刑罰を軽くできれば、これはむしろ成功である。死刑の場合は、まず、死刑判決をブツケテ様子をみたい。今回の池田被告の場合、公判で、被害者遺族と会い、自分の家族の手紙を聞き、それらによって、人間性が回復されつつあるようにみえる。その点は、判決文も認めている。もし、私に全権限があれば、どうするか。今現在の被告の、ようやく人間性を取りもどしはじめた現段階では、死刑と宣告し、様子を見て、最終的には死刑執行しないでおきたい。三審制の時はできたが、裁判員裁判において、一旦死刑判決をだしてから様子をみたいような今回のようなケースで控訴審は、どう扱えば良いのか。この点は、制度上は決められていないことであるが、深く考える価値があると思う。

« 裁判員制度初の死刑判決について(1) | トップページ | 東京都青少年健全育成条例改正案の問題点と対案(1) »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ