« 裁判員制度初の死刑判決について(2) | トップページ | 東京都青少年健全育成条例(2) »

2010年11月25日 (木)

東京都青少年健全育成条例改正案の問題点と対案(1)

東京都は、12月定例議会に、青少年条例の改正案を再提出した。これは、3月に継続審議、6月に否決された案の修正出直しである。ネット規制は多少トーンダウン、児童ポルノ単純所持も引っ込めたが、マンガ表現規制は全く前のとおりかそれ以上である。非実在青少年という用語をやめただけで、別の限定をしないために、18歳未満の児童に限定していた前回案よりも規制強化することになっている。

私は、岩波書店の月刊誌『世界』1月号(128日発売)に、条例制定過程が、1、極めて乱暴な運びであったこと、2、特定の人物がかかわっていたことを、詳細に論じ批判した。このブログでは、その補完と、さらに本音の主張をしたい。

この条例案の問題点と対案(私案)を書いてみる。

問題点17条の2と9条の2で、「漫画、アニメーションその他の画像で、刑罰法規に触れる性行為」と近親相姦を「不当に賛美し又は誇張するように、描写し、又は表現する・・・」を規制対象とする部分。

 「刑法典に触れる性犯罪」なら、強姦と強制わいせつの類だけとなるが、刑罰法規なら、範囲が大きく広がる(詳細は山口貴士弁護士のブログを参照)。刑罰法規には、いわゆる淫行条例、東京都の場合は、この青少年条例18条の6「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行ってはならない。」が含まれる。したがって、高校生同士の合意に基づく性行為が対象となり、中高生を主人公にしたマンガは、性体験を肯定的に描くと規制対象となるおそれがある。「みだら」の中身しだいである。

」問題2 8条の2で有害図書指定の対処として「第七条第二号に該当するもののうち、強姦等の著しく社会規範に反する性交又は性交類似行為を、著しく不当に賛美し又は誇張するように描写し、又は表現する・・・」をあげている部分。

 「著しく社会規範に反する性交」が拡大解釈されると、不倫、同性愛など無限に広がる可能性がある。権力の禁欲が最大限求められる表現の自由の規制としては許容できない。明確に「強姦と強制わいせつを著しく不当に賛美し又は誇張する・・・」でよいはずである。わざわざ、社会規範がでてくるのは、なぜか。私が考えてみたところ、消去法でボーイズラブをターゲットとしているとしか思えない。

 私は、漫画だから何でもありとは主張しない。歯止めは必要であると考える。その立場からは、対案を考えなければならない。

近親相姦についてまず、考察してみよう。神話などでのメタファーとしての重要性などの指摘は、都議会では通用しないから脇においておこう。刑法的には、親子間近親相姦の場合は、親の姿態をとがめれば刑法175条ないし、元からこの条例にある7条の1、「性的感情を刺激し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの」を使える。つまり、改正必要なしである。このことは、子ども同士の近親相姦のみが対象であることを示している。前田雅英と竹花生活安全局長(当時)の議論を読めば、年齢が低くなればなるほど、その裸は、わいせつ性が低下し、性的な刺激も低下するから、児童ポルノ禁止という別の取り締まり道具が必要ということである。この場合もスナップ写真ではなく性交場面なら、大人が児童と性交しているなら、大人の姿態をとがめれば、条例改正は必要ない。つまりは、子供同士の性交がターゲットなのである。児童の定義を18歳未満にすれば、中高生の性行動に網がかけられるというのが規制派の本音であると私は理解している。マンガの中の出来事にここまで踏み込むのは倒錯的である。警察は、現実世界での刑罰法規に触れる行為の担当であって、それ以上(道徳担当)ではない。

ということは対案は、規制の盲点であった、極めて小さい年齢の子どもだけを対象にすればよい。非常に手ごろな、線引きがある。20055月から実施されている、性犯罪者の再犯防止のための法務省から警察庁への「出所者情報提供制度」は、13歳未満の子供に対する暴力的な性犯罪に限定している。子どもを守るには、これで十分と考える。槍玉にあがった「奥サマは小学生」も、これなら規制対象となる。

対案:

7条の2の部分、「漫画、アニメーションその他の画像で、13歳未満の子供に対する暴力的な性犯罪を、著しく不当に賛美し又は誇張するように、描写し、又は表現する・・・」を提案したい。

8条の2の部分、社会規範云々は全面削除し、「強姦と強制わいせつを著しく不当に賛美し又は誇張する・・・」を提案したい。

« 裁判員制度初の死刑判決について(2) | トップページ | 東京都青少年健全育成条例(2) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

無料ブログはココログ